Working Holiday Estonia
エストニアでワーキングホリデー

エストニアでワーキングホリデー

どことなくドイツの旧市街を思われる中世的な可愛らしい町並みが広がる首都タリン。最近、観光地としても人気を集めるエストニアでも、実はワーキングホリデーができるようになったことを知っていましたか?バルト海を臨むこの小国は、治安が比較的良く、物価がそれほど高くないこともあって、実はワーホリするならおすすめの国なのです。ヨーロッパで一律にご利用いただけるステップイン旅行保険に加入して、その他の欧州各国も周遊旅行で訪ねつつ、ワーキングホリデーで1年間のんびりと海外生活を楽しんでみてはいかがでしょう。エストニアのワーホリビザの申請方法や注意点をご案内します。

ワーキングホリデーはここが魅力的!

Tallin

海外で暮らすなら滞在方法はいろいろありますが、中でも人気が高いのがワーキングホリデーという滞在手段。なぜワーキングホリデー?どうしてワーホリはこんなに人気が高いの?
ワーホリの魅力やビザ申請について、コンパクトにまとめてご紹介します。

  1. ずっと興味がある国だったけど、言葉の不安もあるし、いきなり留学というのはちょっと非現実的。まずはこの国が自分の肌に合うかどうかが知りたい。
  2. 時間ならたっぷりある。だから駆け足の旅行ではなくて少し腰を落ち着けて滞在型の旅行をしつつ、気ままに現地で暮らしてみたい。
  3. チャンスがあったら、現地でアルバイトをしてお小遣いの足しにしたい。
  4. いい学校が現地で見つかったら、語学学校に通ってエストニア語をしっかり学んでみたい。

これら4つの特徴にすべてうんうん、と納得したあなた、ずばり機は熟しています。鉄は熱いうちに打て。早速、ワーホリ実現に向けて準備を進めていきましょう。

ステップイン旅行保険のご案内

ステップイン旅行保険は、EU諸国やイギリスでワーキングホリデー(ワーホリ)をする際におすすめのドイツの保険です。
エストニアのワーホリビザの申請に対応し、現地では日本人スタッフがサポートいたしますので、言葉に不安のある方にも安心です。
保険に関する詳細・お問合せ:https://www.ryokohoken.org/working-holiday/

ワーキングホリデーのビザを取得できる?

Kuremäe

でもその前に。ワーキングホリデーは残念ながら、誰にでも門戸が開かれているわけではありません。以下の条件を満たしていればOKです!

(参考:駐日エストニア共和国大使館

  • ビザ申請時に日本に居住していること。
  • 入国日から1年間、休暇を過ごすことを主な目的としていること。
  • ビザ申請時に18歳以上30歳以下であること。
  • 被扶養者を同伴していないこと。
  • 日本の有効なパスポート、往復の航空券または航空券を購入するための資金があること。
  • エストニア共和国への最初の滞在期間の生活に必要な資金があること。
  • 滞在期間が終わったらエストニア共和国を出国すること。
  • これまでにワーキングホリデービザを取得していないこと。
  • 健康状態が良好かつ犯罪歴がないこと。
  • 滞在期間中、法令を遵守すること。
  • 滞在期間中、有効な医療保険および入院保険に加入していること。→ステップイン旅行保険がおすすめです。

ビザ申請Q&A

ビザはどこで申請しますか?
査証申請には原則的に申請者本人が大使館に赴く必要があります。そこで領事との面接が行われる場合がありま。面接は全て英語、エストニア語、ロシア語ですが、エストニア語の知識がないことでビザが却下されることはありません。これらの言語が難しい場合は必ず通訳の方の同行が必要になります。大使館で日本語の通訳のサービスは行っていません。

申請方法は?
エストニア共和国大使館に直接Dビザ申請書を提出します。必要書類を準備し、オンラインビザフォームに必要事項を記入した後、オンラインで領事への予約を行う必要があります。

予約方法は?
週月曜日または水曜日の10:00~12:30に申請の予約ができます。以下のサイトからオンラインで予約可能です。https://broneering.mfa.ee/en/

ビザに関する問い合わせ先
メール(英文): Embassy.Tokyo(at)mfa.ee

※ビザ申請情報につきましては変更される場合がありますので、必ずご自身で最新情報を確認していただきますようお願いいたします。またここでご案内したビザ以外のビザに関しては、同サイト等でご確認ください。

エストニアのワーキングホリデービザを取得できるのは人生において1回きり。でも、この国でのワーホリを終えたら今度はお隣のリトアニアへ、それとも他のヨーロッパの国々へ、ワーホリでつなげて出かけてみるのもおもしろそうです。ちなみにバルト三国の3つ目の国、ラトビアも現在(2021年4月現在)ワーホリ協定の交渉が進められていますので、こちらも要チェックです! EU諸国間の移動は国は違ってもとてもスムーズにできますので、ワーホリで国をまたいで自由に滞在を楽しんでみてください。

ステップイン旅行保険は、EU諸国と(EUを離脱した)英国、シェンゲン協定加盟国で一律にご利用いただける便利な保険です。欧州滞在時にぜひご利用ください。

ステップイン旅行保険のご案内

ステップイン旅行保険は、EU諸国やイギリスでのワーホリや各種留学、研究滞在などの際におすすめの保険です。
現地での外来・入院治療の補償は処方箋も含み補償の対象となっています。
ドイツのオフィスに常勤する日本人スタッフがサポートいたしますので、病院受診時から保険金の請求まで、困ったことがあった場合にも安心です。
保険に関する詳細・お問合せ:https://www.ryokohoken.org/

ステップインなら安心です

日本語サポート

保険のお申込み・お見積りから保険金請求手続き、現地での病院受診に伴う不明点など、ドイツのオフィスに常勤する現地事情に通じた日本人スタッフがお電話やEメール、スカイプでサポートします。ドイツの保険会社とのやり取りも安心です。

20年の実績と信頼

ステップインはドイツ西部の街ボンで、海外交換留学プログラムを提供する企業として誕生し、保険部門は2020年から約20年に渡り、日本から欧州に渡航する皆様に向けた海外旅行保険の仲介業者としてお客様に安心と信頼をいただいています。

ビザ申請に対応

病気やケガの治療はもとより、歯科治療や妊娠出産時の補償、緊急時の帰国移送など、各種ビザ申請時に必要となる補償を含む疾病保険のほか、外国滞在時に備えておきたい賠償責任保険や盗難時の携行品補償などもご用意しています。

EU諸国で保険適用

EU圏、イギリス(英国)、シェンゲン協定加盟国で一律に保険が適用されますので、ドイツはもちろん、ヨーロッパ各国での語学留学やワーキングホリデー、研究滞在、欧州周遊観光の際などに、国をまたいで幅広くご利用いただけます。

ステップイン保険の特長

  • 保険加入は0歳~60歳未満まで
  • 渡航前または現地からお申し込み
  • 最短1カ月から月単位でご契約
  • 最長契約5年間
  • 随時、契約の延長可能
  • 早期帰国時の中途解約

ステップインが提供する保険は、ドイツ旅行保険大手HanseMerkur社の保険です。
現地滞在期間または保険契約期間が13カ月以上の場合は、新規・延長契約ともに疾病保険の保険者が同社子会社のADVIGON社に移ります。保険プランや補償内容等は同じですのでどうぞご安心ください。

ご連絡

Tel.: +49 (0)228-71005-511
E-Mail: hoken(at)stepin.de
Skype: stepin.hoken
Facebook: ryokohoken

日本語対応時間(ドイツ時間)

月~木 9:00-16:00
金 10:00-13:00

日本語対応時間(日本時間)

月~木 16:00-23:00
金 17:00-20:00

日本語お問い合わせフォーム

ご連絡