病院で診察を受けるとき

慣れない異国の地で病気になったりケガをしてしまうと、本当に心細いもの。病院に行くのも一苦労です。病院での受診に際して知って知っておくとよいこと、診察時に役に立つドイツ語会話などをご紹介します。

救急車を呼ぶときは「112」

日本にいた頃は、医者のお世話になることなんて滅多になかったのに、ドイツに来てからというもの、なんとなく体調がいまいち…。そんな人も結構いるのではないでしょうか。慣れない異国、押しの強いドイツ人との生活でストレスがたまったり、思った以上に朝晩が寒くて風邪をひいてしまったり。日本とドイツでは水質も違うので肌が荒れてしまったという話もよく聞きます。

そうなったら、早めに最寄りのクリニックを受診しましょう。日本では、耳鼻科や皮膚科など、直接専門科病院を受診することもよくありますが、ドイツではまずは掛かり付けの内科で診察を受けるのが一般的。その後、必要に応じて紹介状を書いてもらい、専門科での治療に進むのが通常です。

言わずもがな、医師とのコミュニケーションはとても大切です。自分の症状についてしっかり説明し、医師のアドバイスをきちんと理解しなくては、治るものも治りません。ドイツ語に不安があるならば、できれば通訳をしてくれる友人などに付き添ってもらうことをお勧めします。それに窓口の受付嬢は意外と手ごわい。相手が病気で弱っていても、あまり構わずマイペースで事務処理をしていきますので、次回の予約を取ったり、治療費の支払い方法について確認したりとドイツ語はやはり必須です。

病院を受診する際に知っておくべきこと、その後の保険金請求手続き、病院でのコミュニケーションに役に立つドイツ語の言い回しなどをご紹介します。

病院受診時の留意点

  • まずは最寄りの一般内科を受診することをお勧めします。

  • 事前に電話などで予約を取るのが一般的。特定のプライベート保険加入者しか受け付けていない病院などもあるので、診察が可能かどうかその際に確認を取っておくといいかもしれません。予約なしの飛び入りでも、緊急ならば大抵は診てもらえますが、その場合はかなり待ち時間がかかると覚悟しておいた方がいいでしょう。(なにせ予約があってもずいぶんと待たされることが稀ではありません。何のための予約?って思っちゃいますよね。ドイツ人もみんなイライラして待合室で待ってます。)

  • 病院の窓口で診察前にステップイン保険の加入証明書を提示してください。診察治療内容が保険の適用範囲内かどうか、診察前に医師に確認なさってください。

  • もし、言葉に不安があって、だれも付き添ってくれる人がいない場合は、医師に伝えたい自分の症状等について予めメモを用意して持っていくとよいでしょう。

役に立つドイツ語

薬局Apothekeの目印は「A」
  • 一般内科 - allgemeine Innere Medizin
  • ホームドクター - Hausarzt
  • 歯科 - Zahnarzt
  • 耳鼻科 - Halz-Nasen-Ohren Klinik (HNO)
  • 眼科 - Augenarzt
  • 皮膚科 - Dermatologie
  • 整形外科 - Orthopädie
  • 婦人科 - Frauenarzt
  • 小児科 - Kinderarzt
  • 待合室 - Wartezimmer
  • 照会状 - Überweisung
  • 血液検査 - Blutuntersuchung
  • 処方箋 - Rezept
  • 薬局 - Apotheke 医師から処方箋が出た場合には薬局で薬を購入します。薬局は通常、病院の近くや同じ建物内にあったりします。薬局の目印は目につきやすいので、病院を出たら辺りを見回してみてください。きっと見つかりますよ。購入時には処方箋は渡してしまわず、返してもらうようにしてください。保険金請求時に原本が必要となります。
  • 予約を取りたいです。 - Ich möchte einen Termin machen.
  • (窓口で)10時に予約があります。 - Ich habe um 10h einen Termin.
  • 私は旅行保険に加入しています。 - Ich habe eine Reiseversicherung.
  • お腹/頭/のどが痛いです。 - Ich habe Bauchschmerzen./ Kopfweh./Halzschmerzen.
  • 熱があります。 - Ich habe Fieber.
  • 気分が悪いです。 - Ich fühle mich schlecht.
  • 吐き気がします。 - Ich muss mich übergeben.
  • 咳と鼻水が出ます。- Ich habe Schnupfen.
  • 私はアレルギーがあります。 - Ich habe eine Allergie.
  • 発疹が出ました。 - Ich habe einen Hautausschlag.
  • 膝/足/首をケガしました。 - Ich habe mich am Knie/ Fuß/Nacken verletzt.
  • 保険が使えますか? - Wird das von meiner Versicherung abgedeckt?
  • 診察費の見積もりを出してもらえますか? - Ich bitte um einen Kostenvoranschlag für die geplante Behandlung.
  • クレジットカードで支払うことができますか? - Kann ich mit der Kreditkarte bezahlen?
  • 今この場で現金で支払うことができますか? - Kann ich die Rechnung auch direkt in bar bezahlen?

保険金請求手続きについて

病院を受診すると、日本ならば通院のたびに大抵は窓口で支払いが生じますが、ドイツでは通常そのようなことはありません。治療費の支払い~保険金請求手続き~保険金給付までの流れをご説明します。

  • 病院から治療費請求書が届く
    病院から治療費請求書が治療を受けたご本人に届きますので、郵便を確実に受け取ることのできる住所を必ず窓口でお伝えください。通常は数週間~1カ月ぐらいの間には請求書が届きます。1カ月を過ぎても請求書が届かない場合は、病院にお問い合わせください。また、日本帰国が近づいている場合など、早めに請求書を発行してもらいたいときには、病院窓口にてその旨をお伝えいただければ、迅速に発行されるかと思われます。

  • 病院への支払いをひとまず済ませてください
    支払い方法は通常、病院が指定する銀行口座への振込となります。病院によってはクレジットカードや現金払いが可能な場合もありますので、窓口でご確認ください。キャッシュレス治療は基本的に、手術や入院をした場合などに例外的にお受けできますのでご了承ください。

  • 保険金を請求する
    【HanseMerkur社保険に加入している場合】

    迅速に審査を進めるために、保険会社へのオンライン請求手続きを取っていただくことをお勧めします。オンラインで必要事項を申告し、必要書類を同時にオンラインで送信していただけます。ただ、手続きはドイツ語もしくは英語となりますのでご了承ください。
    *日本語での請求をご希望の方は、弊社ステップインまでお問い合わせください。

    【アリアンツ社保険に加入している場合】
    必要な書類は保険金の請求方法でご案内しておりますのでご参照ください。請求手続きは日本語、ドイツ語、英語で可能です。Q&Aでも請求方法の詳細をご案内しています。

  • 保険会社での審査
    通常、数週間で審査が終了し、通知が保険会社から郵送またはメールで届きます。

  • 保険金の給付
    申告時に指定した銀行口座まで給付金が振り込まれます。日本の銀行口座を指定することはできますが、その場合は送金手数料が一部、ご自身負担となりますので、できるかぎりドイツの口座を指定することをお勧めします。

お薦めプラン一覧

旅行/短期滞在 45 ユーロ ~ / 月
ワーキングホリデー/留学 59 ユーロ ~ / 月
研究滞在/長期滞在 89 ユーロ ~ / 月

日本語対応サービス

SSL(Secure Socket Layer)を利用した暗号化通信

欧州諸国で保険適用

  • Master Card
  • Visa
  • JCB

ステップインが提供する保険は、ドイツ旅行保険大手HanseMerkur社の保険です。
保険契約期間が13カ月以上の場合は、新規・延長契約ともに疾病保険の保険者が同社子会社のADVIGON社となります。保険プランや補償内容、ご加入条件等は同じですのでどうぞご安心ください。